Concept

TAG STATIONERYは京都で生まれた文具・雑貨メーカーです。文具店から派生したメーカーで、文具のプロフェッショナルとして育んできた視点と古都に伝わる物語をもとに、伝統文化と現代の文具との関係性を見つめていきたいと考えています。商品企画・卸販売のほか、WEBショップ運営もおこなっています。
【TAG】付け札や付箋のように目印として日々の営みに寄り添う存在でありたいという気持ちを表現しています。

TAG STATIONERY was born in Kyoto. We wish to see a relationship between traditional culture and modern stationery with stationery shop's perspective and story of ancient city.
The word 'TAG' represents the will of being able to stand close to daily lives as a mark just like sticky note.

Gallery

Story

TAG STATIONERYは染色文化が色濃く残る京都室町を拠点にしています。オリジナル商品の第一歩は、半径500メートルの小さな範囲でできることからと、本店からほど近くにある京都草木染研究所の扉を叩きました。

Stationery shop TAG is located in Kyoto Muromachi where dyeing culture is remained deeply. We knocked the door of 'Kyoto Kusakizome dyeing lab' which is located near to our shop.

Brand

Shop

Work shop

hue = 色相

hue 6colorsとは京都草木染研究所の代表である高橋誠一郎氏が考案した、混色の知識がない方でも簡単に色を表現できるワークショップです。 鮮やかな色合いから特徴のあるくすんだ色合いまで様々なお色を簡単に表現できる、京都の調色職人ならではのノウハウをご体験いただけます。
ワークショップの詳細はこちらから。

Company